宝の山

山の事を元森林組合作業員が現場案内いたします。植林、間伐、災害、旱魃、水、木の製品について見えるブログにします。

ライブドアブログに引っ越ししました。

画像も引っ越しできましたので満足です。DTIでアウトポートしてライブドアブログでアウトポートしたファイルをインポートして終わりでした。

宝の山

http://blog.livedoor.jp/okwood/
  1. 2013/11/12(火) 22:56:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パソコンが終わりました。

非常にパソコンが重たかったので久しぶりにディスククリーンアップをしようとしたら突然画面が真っ暗になりパソコンから焦げ臭いにおいがして電源が入らなくなりました。急遽パソコンを買いに行きこれを書いています。
  1. 2013/10/27(日) 20:00:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グーグルクライシスレスポンスで伊豆大島をみて

遠くから伊豆大島をみているとなだらかに見えましたが大規模に崩れた道路近辺を拡大して見るとかなりの急斜面だったことがわかります。無謀な道路のつけかたですが日本全国このような道路は山ほどあります。この土砂災害で同じような場所にとって非常に参考になると思います。

グーグルクライシスレスポンス
  1. 2013/10/20(日) 10:06:48|
  2. 山崩れ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

伊豆大島土砂災害について

私がネット情報やテレビ映像で見たところ1986年の三原山の噴火によってマグマが流れ大量の火山灰などが積り山腹はかなり根の貧弱な植生になっていたと思われます。根のネット機能、アンカー機能が働いていない状態で杉もかなり植えられていたことも被害を大きくした要因になってしまったと思われます。マグマの塊の上に火山灰などが積った状態だと天然生えでもなかなか根が強力にくいこむことは難しいかもしれません。道路のついているところが主に崩れていますので貧弱な植生の場所で道路を造るというのは最もしてはいけないことだということが言えます。

グーグルクライシスレスポンスで写真も拡大してさらに拡大して見る事ができます。http://www.google.org/intl/ja/crisisresponse/howwerespond.html

被害前の拡大写真をみることができれば完璧なのですが。
  1. 2013/10/20(日) 00:13:37|
  2. 山崩れ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんチャって格子取り付け



始めは色をつけるつもりはなかったのですがケヤキと塗った杉に囲まれているので色を着けました。

私は充電タイプのインパクトを持っていなかったのですが今回は電源がなかったので急遽購入いたしました。このようなことは最初で最後だと思います。
  1. 2013/10/04(金) 20:56:20|
  2. コップ、グラス、花器、木のトロフィー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんちゃって格子

のみは使わないのですがこれはこれで非常に手間がかかってしまいました。
  1. 2013/10/04(金) 20:39:54|
  2. コップ、グラス、花器、木のトロフィー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神戸新聞に載せてもらいました。



写真のスペースが大きくて文字数が少なくなっているのが残念です。記事には地ならしとなっていますが地ごしらえです。記者さんに何度も尋ねていただき感謝いたします。記事にでているように来年には杉の細い角材を使って車庫を作る予定です。トラスアーチタイプです。まず古い倉庫を解体しなければならないので時間がかかります。とりあえず二分の一モデルで一部分を作ろうと思っています。
  1. 2013/09/30(月) 21:52:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

このDTIブログが12月にサービス中止になるようです。

アスベストを処理しないで建物を解体した業者を大阪府が刑事告発しました。放射能なら無主物ということで罪に問われません。印刷業者が従業員に胆管ガンを発症させたとして書類送検されました。放射能が原因なら甲状腺異常、心臓発作などをひきおこしても書類送検されずに済んだかもしれません。

2006年からこのブログを始めてこのような事になるかもしれないと思っていましたがやはり残念です。始めの頃はいったんアップしなくても自分のパソコンのマイピクチャーから直接ブログに載せる事ができていたので非常に楽でした。容量もその頃の他の無料ブログにくらべて多く私にはうってつけでした。いま乗り換えブログを探しています。やはり有料のものにしてこのような事がないようにしなければならないかなぁと思っています。また「宝の山」で書くつもりです。okwoodのショップブログになるかもしれません。
  1. 2013/09/26(木) 18:57:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

これは

無燃量発電
  1. 2013/09/25(水) 08:04:07|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神戸新聞の取材を受けました。

多くの方に現在の植林地の危機的状況を伝える事ができる良い機会を与えていただいたと思っています。紙面が限られていますのでできるだけこれから予想される被害と対処法、山のあり方について述べたいと思っています。
  1. 2013/09/24(火) 23:40:01|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JR北海道について

これは危機管理能力がない、と言う一言に尽きます。この事はJR北海道だけの問題ではありません。東電がその最たるものですが先日の桂川氾濫の原因になった植林地も大きな問題です。物作りもそうですが能力のない人間がそこら中で重要なポストについてしまっていることが一番の原因です。選ぶ基準と教育が間違っているということが言えます。

このような状態が続けば当然日本は終ります。なぜこんなことになってしまったのか、ということを良く考えなければならない。このまま餅は餅屋、といってかかわらずにいると私たちの生活が壊れてしまう事になります。明日の生活は大切ですが明日の生活以外考えられない生活をしているとあさっては来ないかもしれません。

  1. 2013/09/23(月) 22:35:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の物作り

日本の物作りがどんどん退化していっているように思います。口先だけの人物を重用してきた結果ではないかと思います。今日本に必要なのは画期的なアイデアを形にする能力だと思います。このままでは物作りの現場がなくなり全てを輸入する事になってしまいます。創造力を育てる教育を全くしていないし創造力のある子供をほとんど評価していないのではないかと思います。私は英語を学ばせることより創造力を育てることの方がはるかに重要で優先させなければならないことだと思います。
  1. 2013/09/22(日) 23:35:10|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大飯原発再稼働について

活断層があるかないかが再稼働の指標になっているのは明らかにおかしい。活断層のない地域でも地震は起きています。再稼働を決める人間を替えなければならない。使用済み核燃料の置き場もありません。どうしてこんなことになったのか。まともな人はいないのか。
  1. 2013/09/21(土) 23:45:19|
  2. 環境|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

杉X型折りたたみ長いす(三人用)

ユーチューブに載せました。
  1. 2013/09/20(金) 20:38:02|
  2. コップ、グラス、花器、木のトロフィー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

杉X型折りたたみ長いす(二人用)

ユーチューブに載せました。

今日はいい天気で暑いくらいでしたが晩は寒いくらいです。
  1. 2013/09/19(木) 23:11:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桂川 流木

ネットで桂川の被害状況を撮った写真の中にやはり太い杉の流木がありました。今回はかろうじてダムの決壊を免れましたが林野庁が言うようにオーストリアのまねをして山に作業道をつけまくっていたならダムは土砂と杉の流木で破壊されていたでしょう。間伐材は架線で出さなければなりません。
  1. 2013/09/18(水) 23:30:55|
  2. 山崩れ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土砂、水害対策について

以前も書いたと思いますがダムや河川工事をしても想定以上降ったらアウトです。ではどうするのかというと降った雨を山であれば地下に導く植生にすることと平野部では貯水池と緑地帯を増やせばいいのです。これが根本的な対策です。今までは対処的な対応しかしていません。浚渫もやっておかなければなりませんが先ず土砂が大量に流れ出さない山の植生に変えなければきりがありません。これらの対策をしないまま土木工事をしても効果は薄いです。平野部の緑地帯は10mくらいの高さでコンクリートで10ヘクタールくらい囲って土をいれ木が生えてくるのを待って育てる、と言う事をすれば水を蓄えられるしいざと言う時避難できる場所にもなります。
  1. 2013/09/17(火) 23:27:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桂川氾濫

現場を見てはいませんが桂川上流の植林地から大量の土砂が流れ出たものと思われます。日吉ダムは満タンで非常に危険な状態でした。このダムが決壊したら一巻の終りでした。降った雨が地下に導かれる植生であったならこれほどまでに危険な状態にはならなかったでしょう。植林地の場合は土砂が流されて植林木が流されますが天然生えの雑木林はしみ込む水が飽和しても土砂はほとんど流れません。次回はこれではすまないかもしれません。
  1. 2013/09/16(月) 23:53:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨が降り続いています。

今日は但馬北部は雨が降り続いています。昨日は暑かったのに今日は肌寒いです。兵庫南部は大量に降っているようです。植林地崩壊の恐れがあります。紀伊半島にも大量の雨が降っていますので大規模な植林地崩壊の恐れがあります。
  1. 2013/09/15(日) 23:28:02|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京五輪について その2

東京五輪まであと7年もあるのですが、この間何事もなく7年後を迎えられる可能性は残念ながら非常に低いと言わざるを得ません。植林地崩壊は確実におこります。この点だけ考えても非常にハイリスクです。後は地震。福島のものだけでなく各地の使用済み核燃料プールに亀裂が入っただけで対処法がなくなるのではないかと思います。今はまだあまり表には出ていませんが東京で福島の放射能による病人が増えて問題になってくることは容易に想像できます。いまのうちに東京五輪を辞退すべきです。今ならまだ間に合います。
  1. 2013/09/14(土) 23:36:13|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

間伐材利用コンクールにこれも付けて送ろうと思っています。

間伐材利用コンクールについて

近年日本全国の杉、桧の植林地が崩壊して甚大な被害を引き起こしています。拡大造林で植えられた杉、桧は根が非常に浅く、樹冠の範囲にしか根が広がりません。ということで林齢が高くなるにつれ樹高も高くなるのでてこの原理で非常に倒れ易くなります。いまや杉、桧の植林地は時限爆弾と化しています。長年間伐が進まない状況が続いてしまったので杉や桧のみの根によるネット機能、もともと杉桧にはありませんがアンカー機能しか働かない状況になり大規模に崩壊してしまう植林地が増えています。このままでは治山治水、水源涵養が果せず最終的には平野部に大量の土砂と大量の杉、桧の流木がありとあらゆるものを破壊し多くの人々が被災します。多くの人々が住む場所や働く場所を失う事になり命を失う人々もでてきます。少しでも被害を減らすために間伐を進め間伐材利用を図らなければなりません。山で杉や桧の材を生産する事よりも治山治水、水源涵養を図る事の方が遥かに重要なことです。今は集成材や軽量鉄骨、重量鉄骨の建造物が増え、必ずしも杉や桧でなければならない理由はなくなりました。今ではリグパルという何度でも再生可能な新しい素材を生み出す技術も開発されました。
 今回は平成18年に続き出品しますがその時と同様誰でも作る事が出来るということに重点を置いて製作しています。なぜなら間伐を進めるためです。メインはリグパルに任せますがサブとして多くの人たちに杉材で作って貰うことにより日本全国にある杉材販売店での需要を増やすことが出来ます。前回のものは丸太そのもので製材費用がかからないということと加工が非常に簡単に出来、丈夫で柱のない大空間を作るということを実現したのですが誰でも出来るかという点についてはチェーンソーや移動式クレーンが必要ということもあり簡単ですが必ずしも誰でも作る事ができるというものではありませんでした。今回の杉X型折りたたみベンチや杉A型折りたたみイスはホームセンターで販売している杉の角材を使い難しい技術や特殊な道具は必要なく、文字通り誰でも作る事ができます。これからも庶民レベルでは景気は良くならないので相変わらず物が売れない状況が続きますが買うより自作すれば安くなる物については売れる余地があると思います。アメリカではDIYが盛んですが日本ではまだ伸びしろがありますので簡単に誰でも作ることが出来る情報を提供することによって需要を喚起する事が出来ると確信しています。このことは私がインターネットで情報発信してその成果が出ているから言える事です。情報提供がいかに重要で効果がある事かを認識していただかなければなりません。私が平成18年に間伐材利用コンクールに出した翌年から全応募作品の情報がなくなりました。間伐材利用促進にとって全作品の情報を公開することは必要不可欠です。これを止めたということは間伐材利用促進にとって非常に大きなマイナスです。これまでの全応募作品の情報を今すぐ公開すべきです。それとも何か不都合な事があるのでしょうか。先ほども申し上げましたような間伐が進まないことによる甚大な被害と比べられるものはありません。どんな理由か分かりませんが今すぐ応募された全作品を公開してください。

応募作品はおまけです。
  1. 2013/09/13(金) 23:06:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

杉 書見台

本を立てかけて読みやすい角度にする台です。



蝶ナットで閉めたり緩めたりします。任意の角度で止める事ができます。


これはうまくいきました。
  1. 2013/09/12(木) 22:13:55|
  2. コップ、グラス、花器、木のトロフィー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木柾台

木柾を乗せる台です。三角イスタイプにしました。木柾を強く叩くのでがたがない3本脚が適しているのではないかと思いこの形にしました。
  1. 2013/09/11(水) 21:33:10|
  2. コップ、グラス、花器、木のトロフィー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

杉X型おりたたみ長机

長さ130cm、高さ70cm、奥行き26cm。

7割り間伐、空いたスペースに芽生えた広葉樹を草や蔓に覆われてしまわないように育てることが治山治水、水源涵養に対する答えです。これ以上杉や桧を植えてはいけません。
  1. 2013/09/10(火) 21:46:15|
  2. コップ、グラス、花器、木のトロフィー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京五輪について

7年後を想像できないひとたちが希望的観測だけでオリンピックを招致してしまいました。これまでの経緯を見ていないのだろうか。いまでも原発を推進していきたいひとたちが大勢います。これからも資源エネルギー庁、経済産業省は変りません。裁判所も政府の追随機関にすぎないので何一つ有効な対策は打たないでしょう。なにがあっても起訴されない。残念ながらオリンピックを開ける状態ではなくなっています。これほどまでに官僚の質が低いと何か良くなる可能性はゼロです。土地が上ればそれでいいのでしょう。
  1. 2013/09/09(月) 21:08:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ